menu open

ショップイン - shop in -ショップイン - shop in -

copyright

BEAUTY REPORT【December】

BEAUTY REPORT【December】

アイシャドウパレットの使いこなし方

★ショップインのビューティートレーナーのコラム。
毎月第二木曜に更新!

  • line
  • facebook

アイシャドウパレットの使いこなし方

アイシャドウパレットに使われているカラーは、
それぞれ役割があることをご存知ですか??

 

今回は、パレットに使われているカラーの役割など、
今一度、グラデーション作りの基本について

振り返ってみましょう♪

 

アイシャドウパレットは
①明るい色のハイライトカラー
②ミディアムカラーの中間色
③メインカラーでもある締め色のシェイドカラー
3~4色で構成されています。

この3~4色の色を使ってグラデーションをつくります。

 

グラデーションをつくる目的は、
陰影をつけて、目元の奥行き、立体感を出して、
目を大きく見せたり、活き活きとした目元を演出をします。

 

<色の役割>
①のカラーは目元に光を集めて、ツヤや透明感を与えます。
 目頭、眉の下、高い部分に使って立体感を出したり、
 一番薄い明るいカラーであれば、まぶた全体に塗って

 光沢や透明感を出すのに役立てます。

 

②のカラーは①のカラーと③の繋ぎの役割を持っています。
 アイホール全体もしくは三分の二の範囲に塗り、

 自然なグラデーションをつくっていきます。

 実は、この中間色がグラデーションをつくるための重要なカラーなんです!

 

③のカラーは目の際に入れて、

 シェイドカラーとして濃い色で全体を引き締めます。
 目尻側に入れたり、目頭のくぼみにも入れることで

 骨格の陰影がぐっと深まります。

 またメインカラー、アクセントカラーにもなるので、

 下まぶた目尻側をのせると、ぐっと目元の印象が変わります。


基本は①②③の順番でグラデーションをつくっていきます。

 

 

 

画像

 

参考画像:エクセル スキニーリッチシャドウ ¥1,650(内、消費税¥150)

 

 

目元の印象はもちろん顔の印象も変えるアイメイク。
アイシャドウパレットを上手に使いこなせれば、
アイメイクが楽しくなるハズ♪

page-top