menu open

ショップイン - shop in -ショップイン - shop in -

copyright

BEAUTY REPORT【October】

BEAUTY REPORT【October】

自分を見つめる!?<ほうれい線>

★ショップインのビューティートレーナーのコラム。
毎月第二木曜に更新!

  • line
  • facebook

自分を見つめる!?<ほうれい線>

マスクをしていることが、

今や最低限のルール。

マスクの着用が日常化となってから

肌荒れを防ぐケアを取り入れている方が多いなどと

聞くことがあります。

 

近頃は、更にその悩みに加え

「マスク生活でほうれい線が目立つようになった」とか

「マスク老け」「たるみ」「シワ」といったワードも

耳にすることが増えたような気がします・・・

 

その「マスク生活のほうれい線」の原因は、

『コロナ感染対策で会話を控えるようになり、

顔の表情の動きが減ったから~』

といわれています。

 

画像

 

 

 

とくに「ほうれい線」だったり「たるみ」を実感する時って

お昼や夕方のメイク直しなどのタイミングで

マスクを外した顔を鏡で見た時に感じませんか??

 

イメージしていた自分の顔にギャップを感じる・・・

つまり、

「ほうれい線」が目立って見えるということなのです。

 

1日の中で、マスクしている時間が長いこともあって、

よりギャップを感じやすいかもしれません。

 

実は、肌の老化は25歳前後から始まるといわれています。

「ほうれい線」「たるみ」の原因は

・肌内部で起こるハリ不足(コラーゲン不足)

・顔や頭皮のコリ

・顔のむくみ(血行不良、リンパの流れが悪い)

・筋力の低下

等々の影響で現れます。

 

そこで、

<簡単に取り入れられるお手入れ法>

スキンケアでのお手入れの際は、

軽くマッサージをします。

ただし、注意があります。

マッサージは、過度にしてしまうと、

シワ、シミの原因になるので、ほどほどがポイントです。

 

オススメなお手入れ法として、

顔のマッサージは気をつけることが多いので

頭皮マッサージがオススメです。

頭皮をほぐすだけでもスッキリしますよ。

 

また、日頃の食事にも気をつけたいです。

そもそも、食事で摂取したものが

肌の栄養の元となります。

偏った食事にならないこともポイントです。

肌に栄養を届ける血管にも良いことにも繋がります。

 

マスク生活は、おそらくこれからも続くので、

「マスクで隠せるから、手を抜いちゃおう~」

「誤魔化せるし・・・」となると

顔の変化に気づけない、ということになります。

深い悩みになる前に、

顔の変化に気づいてあげることが重要です。

 

「見て」「気づいて」

この習慣が大切。

「疲れているな~」と感じたら、

湯船に浸かって、質の良い睡眠をとるなど、

肌のサインに気づいてあげましょう~。

 

 

 

 

 

page-top