menu open

ショップイン - shop in -ショップイン - shop in -

copyright

BEAUTY REPORT【December】

BEAUTY REPORT【December】

スキンケアもメイクもクリーム系に

★ショップインのビューティートレーナーのコラム。
毎月第二木曜に更新!

  • line
  • facebook

スキンケアもメイクもクリーム系に

寒さが日に日に増してくる12月。

スキンケアも本気モードに突入!!

 

気温や湿度によって、肌に与える影響は顕著になるので、

「カピカピ」「パリパリ」と感じることがあります。

 

画像

 

そこで、重要な位置づけとなる「スキンケア」。

今回はスキンケアの必要性についてお話ししていきます♪

 

『化粧水でお肌を整え、乳液やクリームで潤いをキープする』

『スキンケアとは、肌の乾燥を防ぐこと』

という話は、よく聞く耳にしますよね!?

 

なぜ、スキンケアをするのでしょうか?

肌は水分保持力が低下すると乾燥するので、

保湿ができる化粧品等で水分や油分を与え、

肌の状態を整えるという役割をしてくれています。

 

なぜ、肌は乾燥するのでしょうか?

肌の水分が逃げやすい状態だと乾燥します(水分保持力の低下)。

 

 

因みに、

肌の水分保持を担っているのが、

肌表面にある皮脂、

肌内部にある細胞間脂質です。

 

皮脂、細胞間脂質は、

加齢・お手入れ・生活環境の影響などで減少します。

 

しかし・・・

 

実は、何もしなくても!?

寝ても覚めても

肌の水分は失われていきます・・・

 

色んな要因で水分保持力は低下しやすいのです。

 

人によっては、肌トラブルを起こしやすくもなります。

最小限に留めるためにできることをしましょう、というわけです。

 

 

 

そこで、

水分保持力をサポートしてくれる

スキンケアの登場です。

 

肌トラブルのないみずみずしい肌、

若々しい肌を維持するには、

毎日のスキンケアが鍵。

 

肌の乾燥の原因(水分蒸発)は、気温や湿度だけではなく、

洗顔で皮脂を取りすぎてしまうことも考えられます。

 

洗顔を見直しつつ、自身の水分と油分のバランスを考えて、

スキンケアを選ぶことをオススメします。

 

<洗顔方法を見直す>

洗顔時にゴシゴシ洗わない、熱いお湯を使わない、洗顔料をちゃんと泡立てる

洗顔後は化粧水で水分を与える(洗顔後は放置しない)

 

<クリームを使う>

とくに、乾燥してメイクのノリが悪いと感じる方は、

油分が多く配合されているクリームがオススメです。

乾燥している肌に密着しやすいから

メイクのノリやもちも良くなりますよ。

 

日中のベースメイクも保湿のあるものを使って乾燥対策します。

 

空気の乾燥を感じはじめたら、肌も同じように乾燥しはじめています。

保湿のスキンケアで事前準備をしておいて、

この冬を乗り越えましょう~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page-top