menu open

ショップイン - shop in -ショップイン - shop in -

copyright

BEAUTY REPORT【December】

BEAUTY REPORT【December】

マットが流行っているけど

★ショップインのビューティートレーナーのコラム。
毎月第二木曜に更新!

  • line
  • facebook

マットが流行っているけど

顔だけでなく、手、脚、腕などの

カサカサした乾燥が気になる季節に突入してしまいました~

 

メイクの効果や錯覚で顔を誤魔化せるけれど、

近くで見られたら

毛穴、クマ、色ムラ、かさつき

が分かってしまう・・・

 

個人的に感じることなのですが、

マットなメイクをするとき、

美肌でないと出せない、透明感、ピュア感、澄んだ感を

演出しきれない気がします・・・

 

とくに面積を多く使うファンデショーンや

彩度が高いリップは

肌や唇などの土台によって、

見え方も変わるような気がします。

 

かさついた土台に塗っても

剥がれやすかったり、崩れやすかったり、

マットの洗練さが薄れてしまいます。

 

ということで、

マットメイクをするなら

「肌を整えておくこと」が鍵となります。

 

画像

 

 

実は、

肌の乾燥は日常的に起こっています。

これから空気の乾燥も加わって、

乾燥により拍車をかけます。

 

メイクをキレイに仕上げたいという人は

必ず、スキンケアも丁寧にしている人が多いです。

 

ところで

数年前まではスペシャルケアとして君臨していたシートマスク。

今では化粧水代わりに使う、

毎日使うものになりつつあります。

 

そんなシートマスクと化粧水と違う点といったら

『肌に行き渡るところ』ですよね!?

手のひらで塗るより断然、行き渡りやすいことが

特長だったりします。

 

しっかり化粧水を塗るのが面倒な時に

重宝しますよね。

 

毎日使うものだからこそ、

知っておきたいことがいくつかあるので

ご紹介します♪

 

<使い方のポイント>

「密着」

いかにフィットできいるかがポイントです。

 

「時間厳守」

長すぎてしまうと、かえって乾燥してしまいます。

 

「最後に乳液かクリームを使う」

潤っている状態をキープするためにも

油分が配合しているものを最後に塗ります。

 

クリームの後にマットなメイクをする場合、

ヌルヌル感がなく、

うっすらとしっとりしている状態がベストですよ♪

 

メイクの決め手は「肌」です。

 

 

 

 

 

page-top